ページ

2017年4月7日金曜日

どろだるま企画 『泥沼でカーニバル』@Zher the ZOO YOYOGI

Zher the ZOO YOYOGI 12th Anniversary
"どろだるま企画 『泥沼でカーニバル』"
どろだるま/hotspring/myeahns
O.A> かたやま。(ひまつぶし)
4月7日(金)Zher the ZOO YOYOGI
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 2,500円 / 当日 3,000円(D別)






















2017年4月5日水曜日

第4回 徳網正宗主催、音楽演奏会。@Laguna

徳網正宗 prresents
<第4回 徳網正宗主催、音楽演奏会。>
徳網正宗 /湯川トーベン/松尾よういちろう
(O.A)空野大
4.5(wed)@下北沢Laguna
OPEN18:30 START19:00
前売2500円 当日3000円(共にD別)



ハコチケ買ったら整理番号が1番だったもんだから、
意味もなく開場前に来てしまった。
もちろん席は選び放題だったので、かぶりつきではない程度の
いい席を確保した。
ええ眺めじゃ。


井乃頭蓄音団の松尾さんのソロ。
弾き語りというより、ギター漫談の要素が色濃いな。
そろそろ真面目に歌うのかな?と思わせといて、又もやネタ曲。
ということの繰り返しで、あっという間に時間が過ぎていく。

トーベンさんが「何曲くらい演るの?」と訊いたら
「20~30曲くらいですかね」と答えたらしいけど、
まぁ、そういうことですわ。
でも、ちゃんと歌うとジーンと沁みるのよね。
今回はカニ缶の歌(?)にやられたな~。


セトリは、↓↓こんな感じ。

歩いてる
僕はカラス
お月さんが笑ってる
食パンとミルク
天国行きのバス
フォークロック
おはよう今日一日君は何しているの
夕暮れのうた

いつも聴いてるはずのお馴染みの曲ばかりなのに、
何かが違って聴こえた。
初めてのハコだからなのかな?
理由は定かではないものの、それぞれの曲が、
私の中で、かけがえない宝物に育っているんだということを
強く感じるライブであった。

とにかく、トーベンさんの歌が愛しくてウルウルしてしまった。

そんないい夜だったのだが・・・。
帰り道では・・・。








2017年3月26日日曜日

Morning Erections / hotspring / THE抱きしめるズ@曼荼羅

『Morning Erections presents “Back Water Series Step.3″』
Morning Erections / hotspring / THE抱きしめるズ
3/26(日) 吉祥寺曼荼羅
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 2,500円 / 当日 3,000円(D別)









2017年3月24日金曜日

水中見舞いツアーin東京@月見ル君想フ

2017年3月24日(金) 水中ワンマン!
水中見舞いツアーin東京
at 青山 月見ル君想フ
open 18:30 / start 19:30
前売 ¥3000 / 当日 ¥3500(ともに+1drink)


ほんと、ブレブレ写真で情けないっす。

あのスナック藤は、私にとっても伝説のライブだなぁ。
何もかもが画期的(?)だったもんなぁ。

休憩をはさんで、前半はニューアルバムの曲を全曲披露。
とくに『ツバメ☆グリル』がたまらんかった・・・。
吉田氏・・・かわいい・・・。(←)

後半はお馴染みの名曲の数々が目白押し。
あまりの長丁場で、ジョニーさんの左手が心配になってしまった。
鬼ストロークの連続だったからねぇ。


吉田氏が留守中の特別編成は、ベースのえらさんが
男勝りのぶっといグルーヴを繰り出し、
美少女ドラマーさと子ちゃんも切れのあるリズムを鳴らしてて、
かなりカッコいいのである。
でも、やっぱり、吉田氏のドラムあっての水中さんなのよ。
・・・と思った次第。
(お気付きでしょうが、私、かなりの吉田ファンなのですよ)





最後に、
ジョニー氏が語ったミヤジと山手線で遭遇した話が
めちゃくちゃ面白かったということと、林三さんが
完璧な王子さまキャラだったことだけは、言っておこう。



2017年3月21日火曜日

湯川トーベン感電12周年記念ライブVol.1 @TERRA

湯川トーベン感電12周年記念ライブ Vol.1
~600Vの男~
出演:森べん(森信行&湯川トーベン)
3月21日(火)西荻窪 TERRA
OPEN 19:00 / START 20:00
チャージ¥3,000(ドリンク別)




せっちゃんの「青春ブルース」は、もっくんが叩いてるんだったね。
すっかり忘れておったよ。

年度末のこの時期、やはり集客がキビしいね。
だもんで、感電12周年を謳ったこの企画は、
今回のVolume 1で終わりにするよって。
ええーっ、密かに楽しみにしておったのになぁ・・・。
G社長もスケジュールが空いてたら、来てくれたに違いないのに。


始まってすぐ、背の高い男性がフラーッと入って来られたけど、
しばらく気付かなかったわ。





次やるときは、もっとキャパの小さな所になるそうですよ。




セトリ(もっくんのツイッターからコピッたので、
トーベンさんだけが“さん付け”になっております)↓↓



2017年3月11日土曜日

湯川トーベン@lete (2017/03/13)

湯川トーベン ソロ
3/11(土) 下北沢 lete
Open 19:00 / Start 20:00
Charge 予約 ¥2,500 / 当日 ¥2,800 + drink



ちょっと寄り道をして、レテに入ると、
ほぼ客席が埋まっていて「失敗したー」と後悔した。
そこで、入口脇の一番奥の隅の席へ。
他の席と違って座面の高いスツールだったおかげで、
まぁ、見えないことはない。
そしてカウンターの中が丸見えなので、出番前のトーベンさんは
しっかり見えてしまうのであった。
でも、なんとなくプライベートを覗くみたいで
はしたないような気がしたので、なるべく視線はそらせていたのだが。




やっぱり、3/11というのは特別の日なのだ。
あの日を忘れるなんてできるわけないけど、
こうやって節目を迎えるたびに、色々と思いを馳せることはある。
傾いてしまった世界に生きていることを、強く意識する。

トーベンさんは、そのことについては何も語らなかったけど、
ただ『ぼくのまち』を歌っただけなんだけど、
言葉以上のものが伝わってきたのだ。
私のただの思い込みなんかじゃないはず。



そして、大好きなムッシュを偲んで、スパイダース曲が多め。
タイトルとかあんまり知らないから、一言曲名を紹介してくれると
嬉しいんだけどなぁ・・・と、セトリ職人の端くれとして思うわけだ。
(届け~!)



『太陽の光』はハープが必須だと思うんだけど・・・。




ぼんやり
ひたすら
風邪
いつまでもどこまでも
?(スパイダースの曲)
ぼくのまち
太陽の光

ソフトクリーム
天ぷらと月見
にじみ
なんとなくなんとなく
(男ってもんじゃないの)
?(村田さんの曲)
一週間
おはよう今日一日君は何しているの
退屈に誘われて

職質ブギー

富士山